• コラム

透明な塗料を使用する外壁塗装とは

外壁塗装

2018/04/03

外壁塗装をする場合では、一般的な塗装工事の他にクリア塗装と呼ばれる保護用塗料を使用して施工を行うことが出来ます。ここではクリア塗料についてや、クリア塗装が向いている外壁の環境や状態についてを紹介します。

既存のデザインを維持する外壁塗装工事とは

日本の家屋の多くに使用されている外装材はサイディングです。サイディングは近年バリエーション豊かなデザインの物が採用されており、多色使いのタイプからレンガ調やタイル調などのデザイン性の高い種類があります。このような複雑な色味や風合いを強調した外壁の塗り替えに一般的な外壁塗装を施すと本来のデザイン性は失われてしまいます。塗料によってサイディングパネルの模様や凹凸が隠されてしまう事が原因です。既存の外壁の風合いや複雑なカラーリングを維持したまま外壁塗装による壁面保護の性能を発揮する塗装が保護クリア塗料を使用した外壁塗装工事です。クリアと呼ばれる通りの透明な保護用塗料で顔料の含まれない塗料を指し、透明であることで外壁のデザインを潰さずに施工を行うことが出来ます。


クリア塗装による塗り替え時期とは

外壁塗装にクリア塗料を使用する場合には注意点があります。一般的な外壁塗装工事をする時期の目安として、外壁の汚れや剥がれなどの劣化が見られる頃などと言われますが、クリア塗装を行いたい場合は経年劣化などの影響を外壁が受けない以前の時期に行うことが求められます。新築家屋の場合では築年数が10年未満の頃に行うことが目安です。外壁の表面塗膜に明らかな劣化がある場合には透明が特徴のクリア塗料は使用できません。クリア塗装を行いたい場合には施工業者へ相談をして外壁の傷み具合を検討してから決めることが大切です。既存の外壁の風合いやデザインを長く維持したい場合は早めにクリア塗料による塗り替えを行うことがポイントとなります。


クリア塗装をする前に知っておきたいこと

デザイン性の高い外壁の塗り替えでクリア塗料を使用して外壁塗装工事を行いたい場合には事前に確認すべき情報があります。外壁の状態の他に現在使用されているサイディングパネルについてです。サイディングには撥水加工やフッ素加工などの処理が施されている種類があり、このような加工処理がされているサイディングにはクリア塗料による外壁塗装工事は不向きとなり、施工することが一般的にはできません。またクリア塗料には種類があり、透明なため紫外線を通すと言うデメリットを克服した塗料が存在します。紫外線吸収剤が含まれるサイディング用クリア塗料は、外壁を紫外線による劣化から守護する塗料です。このようなUVプロテクトの機能があるクリア塗料を選択することが勧められます。

一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。