• コラム

屋根修理の訪問販売で注意したいケース

屋根塗装

2018/05/22

屋根修理が必要な場合には、業者に連絡して修理を依頼します。一方で屋根修理業者の中には、修理サービスの訪問販売を行っている業者も見られます。自宅に業者が訪れて屋根修理を勧められたなら、注意すべきポイントがあります。


無料点検の屋根修理訪問業者への対応

屋根修理の訪問工事業者は、信頼できる業者もいます。しかし中にはそのような業者と契約して、不利益を被る人もいます。注意したいのが、無料で屋根を点検するという手口です。屋根がどのような状態なのか、無料で点検してもらえるのはお得です。しかし業者によっては、住人の危機感を煽って、本来は不要な屋根修理の契約を求めようとします。たとえ無料点検の結果、屋根の修理が必要と迫られた場合でも、その場ですぐに契約するのは控えておいた方が無難です。特に一人でいる間は、単独での判断は誤りの元です。まずは家族と相談し、本当に修理すべきかを慎重に考えます。また不安であれば、専門家や相談窓口にも判断してもらった方が確実です。


屋根修理の割引キャンペーンには慎重な判断

屋根修理の訪問業者から施工を勧められたなら、お得な話には慎重な判断が必要です。つい油断するのは、今だけのお得なキャンペーンという誘いです。期限が設けられていると、焦って判断を誤ってしまいやすいです。キャンペーンの勧誘は確かに魅力的ではあるものの、目先の利益にとらわれると失敗しかねません。もしキャンペーンで割引サービスを適用できたとしても、屋根修理の費用が相場価格よりも高い場合があります。そこで屋根修理の施工内容を調査し、世間一般での相場費用はどの程度の額であるのかや、割引サービスは他の業者と比較して妥当かどうか判断します。もし屋根修理が必要で本当にお得なキャンペーンなら、契約するメリットがあります。


屋根修理を解約するならクーリングオフ制度を利用

訪問販売型の屋根修理サービスで時に問題になるのが、家族の誰かがすでに契約を交わしていたケースです。例えばお年寄りがいる家庭では、家族が知らない間に屋根修理の契約が済んでいたという事例もあります。しかしもし屋根修理を必要ないと家族が考えるなら、クーリングオフ制度を利用する手があります。クーリングオフ制度は、訪問販売などから商品やサービスを購入した場合に、一定期間であれば契約の取り消しを可能にするものです。またこの制度に基づき解約したとしても、解約料は発生しません。ただしクーリングオフ制度を利用するには、書面による通知が必要です。もし手続きが分からないようであれば、弁護士などに相談するのが確実です。



一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。