• コラム

防水工事の各工法のメリット

防水工事

2018/06/19

防水工事と一口に言っても、色々な工法があります。この記事では各工法の紹介と、その工法のメリットを紹介していきます。メリットを知ることで、各建物事情に合った工法を選択することができます。なぜなら工法によって耐久性や工期などが異なるからです。


防水工事の必要性と必要箇所

防水工事がなぜ必要なのか、その答えは非常にシンプルで雨水などから建物を守る為です。水は外から防御できている分には問題ないですが、老朽化が進んで中に入り込むようになると木を腐らせ鉄筋を錆びさせます。すると空き家のようにボロボロになり建物として機能しなくなります。防水工事が必要な部分は屋根・ベランダ・バルコニー・外壁・開放廊下など様々です。各場所によって軽微な工事で済む場合や大規模な工事になる場合があります。特に屋根や屋上は一番雨水の影響を受けるので必要不可欠ですし、同時に断熱や遮音なども要求されます。防水工事も様々な方法があり、状況や場所などを考えてメリット・デメリットを判断する必要があります。


アスファルト防水・ウレタン防水

アスファルト防水は熱工法・冷工法・トーチ工法・BANKS工法があります。各防水工事のメリットとして熱工法は昔から広く行われている工法で、信頼性があります。耐水はもちろん耐久性にも優れています。冷工法はアスファルトのにおいが周囲に広がらないので住宅密集地などで迷惑をかけずに済みます。トーチ工法は工期の短縮やローコストな面が嬉しく、BANKS工法は積層工法なので水密性が高く、技術の発達で工期短縮や料金が抑えられるようになりました。

ウレタン防水は密着工法や通気緩衝工法があり、密着工法は低コストで建物への負担が少ないです。通気緩衝工法は同様に建物への負担が少ないことや補修が容易なので経年劣化しても安心です。


FRP防水・ゴムシート・塩ビシート

FRP防水は強度が高く、耐水はもちろん耐熱や耐久性にも優れます。速乾性があるので作業が捗り、工期も短くて済みます。ゴムシートは工期が短く安価なので手軽にできる方法と言えます。塩ビシートは接着工法と機械的固定方法があります。接着工法は軽量で耐久性があり、燃えにくいです。機械的固定方法は以前違う方法で防水工事をしていたとしても対応できます。防水工事は雨が降ると多くの場合作業ができないのですが、この工法は雨に左右されないので工期が短いです。

このように防水工事は様々な方法とメリットがあります。基本的には低料金であればあるほど補修までの期間が短くなります。防水工事は永久的なものではないので、引越し予定があるのか永住するのかなどの状況を考えて工法を選択します。


一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。