• コラム

外壁塗装をすると家の中の気温も安定する

外壁塗装

2018/02/06

外壁塗装の塗料で効果が変わる

外壁塗装というと、家の外観を綺麗にするために行う人が多いでしょう。もちろん美観に対する効果が最も期待できますが、その他にも家の中の気温をコントロールし、住環境を良くするような効果も期待できるのです。


外壁塗装に用いる塗料には断熱効果を持つものや、遮熱効果を持つものがあります。断熱性のある塗料ははその名の通り熱の電導を抑えてくれるので家の中の気温をコントロールしていきます。一方で遮熱性のある塗料は、外気や日光を反射して、内部に熱が伝導しないようにしていきます。断熱性のある塗料の材料としては、シリコンやフッ素のものが上げられます。また遮熱性を狙うのならば、黒い色よりも白い色のほうが効果は高くなります。


断熱性が良くなるとこんなにいいことが

外壁塗装で気温をコントロールすることで、家の中の生活にはどんな効果があるでしょうか。まず遮熱効果があると、夏には日光を遮断して、家の中の気温が高まることを防いでくれます。そうすればエアコンや扇風機を使わずに済むので、電気代もかからずに非常に経済的になります。


また断熱性のある塗料は冬に外気の影響を防いでくれるので、外の寒さを家の中に伝えることがありません。そのためこれもエアコンやストーブをあまり使用せずに、家の中を快適に保つことができます。また急激な気温変化がなくなるので、結露現象や湿度の上昇も防いでくれて、家の木材が湿気で腐っていくのを防いでくれます。快適にするだけではなく、家の寿命を伸ばす効果もあるのです。


外壁塗装をするのに適したシーズンもある

外壁塗装と気温の関係について、もう一つ触れておきたいのが、外壁塗装をする際の気温です。塗料というのは乾燥の状態によって、その昨日も変わってきてしまいますし、見た目の美しさも変わります。一般的には気温が高いほうが、乾燥が早いですし、湿度が高かったり、気温が低いと感想は遅くなってしまいます。外壁塗装は二度塗り、三度塗りをするので乾燥が遅いとそれだけ時間がかかりやすくなります。また感想が早過ぎると、表面に気泡ができてしまい見た目に美しくありません。せっかく外壁を綺麗にするつもりなのに、気泡だらけでは興ざめでしょう。


外壁塗装を依頼する時は夏や冬よりも、気温や湿度が安定している冬や空きを選ぶようにしましょう。



一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。