• コラム

外壁塗装はうるさい?クレーム無しで工事を終わらせる秘訣とは

外壁塗装

2017/09/18

家の壁に塗料を塗るだけ、それが外壁塗装であると、勘違いしている方もいるのではないでしょうか。実は外壁塗装に対して「うるさい」というクレームが入ることがあります。家を綺麗にしたのに近隣とトラブルになってしまうのは残念なことですよね。そんな問題を回避するために、知っておきたい情報について解説します。


外壁塗装はなぜうるさい?

外壁塗装でうるさいと言われる理由は何故?と疑問に思う方は、そもそも外壁塗装では、どのような作業が行われるかを理解しておきましょう。


家の規模にもよりますが、基本的に塗装を行う前には家の周囲に足場が組まれます。作業がしやすくなることに加えて、塗料の飛散防止などのために覆いをかけるためです。この作業はどれだけ気を使っても、金属のパイプを組み合わせる作業ですので音が出ます。


次に足場が作られた後、すぐに塗料を塗るわけではなく、外壁の洗浄と、下地のモルタルが浮いているような場合はその修繕工事が行われます。ドリルなどを使うこともあるので、かなりの音が発生します。下地の調整が完了したら今度は塗料を吹き付けます。作業はおおよそ電動で行うので、少なからず音が発生することでしょう。


全ての作業が完了したら、組んだ足場を外して撤去します。このように、作業の各所において音が出てしまうのが外壁塗装工事なのです。


うるさいのは音だけじゃない?!

外壁塗装で「うるさい」とクレームを受けてしまうのは、工事によって発生する騒音だけとは限りません。では、それ以外に何があるのかと言うと、工事の作業員の話し声などがあげられます。


工事は一つの作業ではなく、足場を組む人、下地の修繕や洗浄を行う人、塗装を行う人、と分担して行われることが一般的です。一気に作業を進めるべきところは多くの人が一度に訪れて、手早く作業をすることになります。人数が多ければ、作業に関わる指示を出す声や、作業中あるいは休憩中の会話なども増えてしまいます。


工事をする側としては、それくらいは我慢して欲しいと思うかもしれませんが、普段静かな環境で暮らしている人にとって、知らない人が自宅の周りをうろうろしている状況はストレスとなり、少しの音でも「うるさい」と感じ、クレームにつながってしまう恐れがあるのです。


うるさいと言われてしまわないようにするためには?

外壁塗装工事に関連する、騒音トラブルやクレームを回避するためには、第一に事前の挨拶が大切です。隣接している家などを中心に、業者に行ってもらうか、親しさに応じて家主や家族が直接訪問すると良いでしょう。少し離れていても、例えば介護のために車を頻繁に使う家の、通行を阻害してしまう恐れがあるような場合は、必ず挨拶をしておきましょう。


この時、外壁塗装によって迷惑をかけて申し訳ないという言葉と共に、「うるさいなと感じるようなことがあれば、ご連絡ください」と添えることが大切です。現場を担当する業者の責任者の携帯電話などを渡しておくとスムーズです。また、住民同士でやり取りせずに問題が解決した方が、後々のトラブルに繋がらないのでおすすめです。そしてこのような対処をしてくれる業者は、質や技術力という観点でも信頼しやすいため、見積を依頼する際に確認しておくと良いでしょう。






一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。