• コラム

トラブル予防のため心掛けるアパートの外壁塗装の準備

外壁塗装

2017/05/15

築年数が経過したアパートは、外壁塗装でリフォームした方が綺麗に見えます。入居者獲得のため、外壁塗装をリフレッシュする効果は大きいです。ただしアパートの外壁塗装では、トラブル回避のため行うべき準備があります。

アパート外壁塗装には住人の理解が必要

老朽化したアパートは、建物の外壁部分に塗装の色あせや剥がれが見られます。そのような問題を修繕するには、外壁塗装リフォームを行います。しかしアパート物件への塗装作業では、住人に不便をかけるため注意が必要です。外壁の塗装工事の準備として、建物の周囲に足場を組み立てます。また外壁や廊下、階段などに養生を行ったり、塗料が周囲に広がらないよう全体的にカバーをかけます。アパートの住人は、工事中にベランダを自由に使えないなどの不便を強いられます。そこでアパートのオーナーや管理人としては、外壁塗装工事を実施する前に余裕を持って住人に告知するのが無難です。事前に理解を得ておけば、外壁塗装に伴うアパート住人からのクレームは少なくなります。

外壁塗装工事中に気をつけたい防犯対策

アパートの外壁塗装工事により、思わぬトラブルが発生する可能性があります。問題であるのは、防犯の面です。塗装工事の期間中は、建物周りに足場が組み上げられるため、地上一階のみならず各部屋に出入り可能です。また外壁塗装のため建物がカバーに覆われていると、周囲の住人や通行人の目に触れにくいです。その他、住人以外の人物がアパートに出入りしていても、工事関係者の可能性もあり犯罪者と見分けがつきません。そこでアパートの外壁塗装工事を始める前に、住人の防犯意識を高めると共に工事中の対策を行います。住人自身の玄関やベランダの鍵の確認は、徹底が必要です。またアパートを定期的に見回り、不審者の出入りがないかどうかチェックします。

塗装工事で破損事故が起こった時に備えての対策

工事業者は、塗装工事に向けて事故が起こらないように万全の安全対策を講じています。それでも偶然が重なり、破損事故が起きる事例は過去にあります。アパート建物の壁や設備が破損したり、あるいは住人の車など所有物の価値が損なわれる場合も、工事中には想定できます。そこで事前にできる予防対策を講じると同時に、損失が生じた後の迅速な問題解決が重要です。まず外壁塗装工事に着工する前には、アパートの状態を細部まで確認し記録を残します。写真でアパート全体や各設備状況を記録しておくと、後でトラブルが生じた際に証拠として使えます。またアパートの塗装工事を任せる業者選びも大切であり、トラブル対応力に優れた業者を選ぶと安心です。

一覧に戻る

塗装・防水施工のことならなんでもご相談ください。

0120-031-774 03-3380-1774

お問い合わせ

営業時間:9:00〜18:00 
休日:日曜日・祝日

アルペックの施工エリア

東京都

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・
板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・甲府市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・日野市・国分寺市・国立市・
狛江市・東大和市・武蔵村山市・多摩市・稲城氏・小平市・東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市 ほか

千葉県茨城県埼玉県神奈川県

※ほかエリアについてはご相談ください。